2017年6月21日水曜日

新人アシスタントアドバイザー酒井 自己紹介

みなさん初めまして!
4月から新しく千里中央校のアシスタントアドバイザーになりました、酒井です!
受験期はアシスタントアドバイザーさんのみなさんにとてもお世話になり、自分も恩返しをしたいと思っていたので、ここで働くことができて、とても嬉しいです!!
 
現在、私は関西学院大学国際学部の1回生です。
興味がある方は、関学のことなら何でもきいてください!!
 
 

趣味に関しては基本的に『広く浅く』なので、スポーツでは水泳器械体操バドミントンスキーなど色々好きです!!
 
 

音楽も『広く浅く』です。
One DirectionTaylor SwiftAriana Grandeなどメジャーどころのアーティストが好きで、ミュージックビデオを見ながら自己流で歌詞を翻訳するなどして楽しんでいます!!楽しく英語に触れられるので英語が苦手な人にもオススメです!
ただ、コナンに関しては『深く』好きです!!
 
ひとりで出かけたり、黙々と何かをしたりすることが多く、マナビス生の時はご飯の時に千里中央を散策していたので、気になる方にはおすすめスポット、教えますよ!!
 
こつこつ一人で勉強していると、しんどくなる時もあるかと思います。息抜きも忘れずに!
私にできることなら、何でもサポートしますので、是非話しかけてください!!
 
アシスタントアドバイザー 酒井
 

2017年6月13日火曜日

2017年6月 高3サマナビ

こんにちは!
校担当の村上です。
 
今回は6月11日()実施の
高3マナビス生対象イベントSummer Manavision~サマナビ~」
について、お伝えします。
 
夏の過ごし方が合否の分かれ目と言っても過言ではありません。
その夏で後悔をしないために、マナビス生の皆さんに朝から集まってもらいました。
 
今年の「サマナビ」では
1.「模試の結果を200%活用する方法」
2.「夏休みの過ごし方&学習の注意点」
3.「体調管理や大学の情報収集の仕方」についてお話しました!
 
 
↑部活も引退し、本格的に受験生モードになっているマナビス生たち
 
部活を引退し、夏休みに入ると自分の自由な時間が一気に増えます。
その時間の使い方が合否の分かれ目です。
ただやみくもに勉強するのではなく、受けた模試でしっかり弱点を
洗い出し、無駄のない夏を過ごす方法をお伝えしました。
ただし勉強ばかりではもちろん息が詰まります。
体調が万全だからこそ力を発揮できます。
行き詰った際の気分転換法や、勉強に対するモチベーションのアップも同時に紹介しました。
夏は毎年訪れますが、『受験で勝つための夏』は一生に一度です。
ぜひマナビスで悔いのない夏を過ごしましょう!!
 
そして最後は
「高3サマナビ第2弾」の予告!
 
第2弾では、
「赤本の活用法も含めた秋の学習法」
「夏以降の模試の活用法や受験校の決め方」
についてお話をする予定です!
 
実りの秋を迎え、来年の春に花を咲かせるためにもこの夏が合格へのカギです。
今回のサマナビでお伝えしたポイントに注意しながら、この夏を乗り越えましょう!
 
成績向上&志望校合格に向けて、スタッフ一同、精一杯サポートして参りますので、
今後とも宜しくお願いします。
 
校担当 村上

2017年6月6日火曜日

2017年6月 高3全体保護者会

こんにちは!校担当の村上です。
 
千里中央校では、6月3日・4日に高3全体保護者会」を開催しました。
たくさんの保護者様にご参加頂き、ありがとうございました。
今回の保護者会は3部構成です。
 
1部では校担当の平野から
『最新の入試情報』『勝負の夏の過ごし方』についてお話しいたしました。

 
『最新の入試情報』
大学入試の情報は毎年必ず更新されます。
そこで今回の保護者会ではその莫大な情報を整理し、
志願者数の推移が物語る入試の傾向や今年度予想される入試科目の難易度など、
保護者様にとって本当に必要な情報をお伝えいたしました。
 
『勝負の夏の過ごし方』
3の夏は受験の天王山と言われています。
入試までの日数から逆算をした上で、夏の具体的な過ごし方のイメージをし、
夏の成功ビジョンを保護者様と共有いたしました。
 
 
2部では村上から
『秋以降の学習のポイント』についてお話しいたしました。

 
夏を乗り切った後の、秋の過ごし方が受験の合否を分けます。
『赤本を自分でやってみる!』は陥りやすい落とし穴です。
マナビスでは大学入試の問題に完全に対応した講座を数多く展開しています。
マナビスで夏までに固めた基礎力を、確実に『応用力』に変えることができます。
合格に一気に近づく入試に向けた効果的な学習方法をお伝えいたしました。
 
 
3部では校舎長徳原から
「受験期のお子様への接し方」についてお話しいたしました。

 
受験期のお子様の心は非常に繊細です。
『どんな声掛けをしたらいいのか…』と悩まれる保護者様は多いです。
そこで実際のマナビス生の声や保護者様の声も交えながら接し方を紹介いたしました。
お子様と意見がぶつかることもあるかと思います。
ただし受験は保護者様とお子様の協力なしでは乗り越えられません。
そしてマナビスでの学習がより充実し、合格を勝ち取ることができるよう、
お子様のサポートにご協力いただくようお願い致しました。
 
すべては来年の春、
「志望校合格」という花が咲き誇るように、
河合塾マナビス千里中央校スタッフ一同、
全力でサポートしてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
校担当 村上
 

2017年5月29日月曜日

私も大学デビューしたかった アシスタントアドバイザー 井上編

私も大学デビューしたかった。
大学デビューなどしていないのでテーマを勝手に少し変えたいと思います。
 
 
 
 
それでは今回のテーマを発表します。
 
「もしも大学生に戻れるのなら」
 
僕が大学時代に、やっておけばよかったあんなことやこんなことを
ランキング形式でご紹介したいと思います。
 
皆さんが充実した大学生活をおくるための参考になれば幸いです。
 
  
 
1位「キャンピングカーでオーストラリア一周」
 
まあこれは定番でしょう。
時間は大体1ヶ月くらいあれば大丈夫だと思います。
友達4人くらいで口論したり、喧嘩したりしながら過ごすと良いでしょう。
強い絆がめばえるかもしれません。 
 
 
 
2位「さくっと海外留学」
これも定番ですね。
僕の提案としては非英語圏への留学です。
日常生活でその国の言語を学び、大学で英語を勉強すればよいでしょう。
もう一つ付け加えるとすれば、大学では英語の授業ではなく、
英語を使用して専門的なことを勉強すればベストですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
3位「筋トレ」
 
体のゆるみを感じる今日この頃。
筋肉が一番のファッションという格言もありますから、
ファッションに気を使う大学生には欠かせない要素でしょう。
 
 
 
4位「何か楽器の演奏」
 
 
 僕は楽器が全く演奏できません。楽譜も読めません。
ラッパがふけるようになりたかったです。
 
5位「アラスカにてカヌーで川下り」
大学生=海外旅行
このイメージありますよね。ここで僕が提案したいのは大学生だからいける場所にいくことです。
言ってしまえば、時間のかかるところ、大人があまり行きたがらないようなマイナーな場所です。
ハワイ?グアム?ドバイ?大人になって行けばよいです。
2週間かけて、アラスカの川をくだりながらキャンプで生活すれば楽しいと思いますよ。 
 
6位「インド奥地で散歩」
ラダックとよばれる地域で雄大な山並みのなかをトレッキングすれば楽しいと思いますよ。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
第7位「大量の漫画を読破」
ここで読書と書かなかったはせめてもの情けです。漫画たくさんのことを教えてくれます。
キン肉マン、聖闘士星矢を読みましょう。
 
番外編「恋人をつくる」
大学生活には恋人は不要です。そんな暇はありませんよ。
  
 
以上、僕が大学時代にやり残したことです。
 
みなさんはチャレンジしてみるといいと思います。
もちろん勉強も大事ですが、いろいろと経験することも大事な勉強ですよ。
 
アシスタントアドバイザー 井上